Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「お庭の生きもの調査2015」始まっています

NPO 法人生態教育センターでは、2010 年度から環境省や企業・大学などと恊働して、皆様の庭にはどのような生きものがいるのかを調べる「お庭の生きもの調査」を実施しています。

この「お庭の生きもの調査」プロジェクトは、生物多様性保全を目的とした、日本で初めての、個人宅の「庭(ベランダ、バルコニー等を含む)を対象とした全国規模の市民参加型生きもの調査です。

title_ikimono_20150618110818d40.jpg


2015年度の調査は、5~8月の期間に実施いたします。生きものの初心者の方も、ベテランの方も、自宅で楽しみながら生物多様性保全活動に参加することができる調査になっていますので、以下の説明をお読みいただき、ご賛同いただけるようであれば、ぜひエントリーをお願いいたします。

○調査期間:2015年5月~8月
○調査対象:春から夏にかけて、庭先で見られる生きもの
○調査方法:
 [初心者コース]
  お庭で見られた生きものに○をつけるだけの簡単な調査です。
 [調査員コース]
  生きものに興味関心のある方を中心に、お庭にやってくる野鳥や昆虫を定期的に調査します。

○参加方法:現在、登録および報告受付中です。詳細は下記webサイトをご参照ください。

【お庭の生きもの調査】専用WEBサイト http://www.wildlife.ne.jp/ikimono/

「谷津干潟自然観察センター」の管理運営に参画します

千葉県習志野市の「谷津干潟自然観察センター」は、は、2015年4月1日より指定管理者「谷津干潟ワイズユースパートナーズ」の運営となりました。当生態教育センターも、指定管理者の構成団体の一つとして、運営に参画します。

●谷津干潟自然観察センター
   〒275-0025 千葉県習志野市秋津5-1-1 TEL:047-454-8416 FAX:047-452-2494
 ○新しいホームページ http://www.seibu-la.co.jp/yatsuhigata/
 ○Facebookページ https://www.facebook.com/yatsuhigata
 ○Twitterアカウント https://twitter.com/Y_N_O_C

 ○指定管理者:谷津干潟ワイズユースパートナーズ
   (代表企業:西武造園株式会社/構成員:NPO法人生態教育センター、林造園土木株式会社)

 どうぞ、よろしくお願いいたします。

「2015年度 職員採用案内」

「2015年度 職員採用案内」を掲載しました。
詳細は以下のページでご確認ください。

 → 詳細 (PDF:約85KB)

「エコプロダクツ2014」ありがとうございました!

NPO法人 生態教育センターは、
12/10-13に開催された「エコプロダクツ2014」、
東5ホール「NPO・NGOコーナー」N-98ブースに出展させて頂きました。
10372346_808306275899596_2180308231873086921_n.jpg

ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました。

野性生物や生物多様性に特化した環境調査、施設の管理・運営、環境教育、体験プログラム等を実践するNPOとして、何かお役にたてることがあれば、ぜひお声かけください。

10846400_808306272566263_3162967984312537150_n.jpg

「藤本和典氏を偲ぶ会」のご案内

●「藤本和典氏を偲ぶ会」のご案内です。

  詳細は こちら をご覧ください。

「お庭の生きもの調査2014」始まりました!

今年も5/1より
「お庭の生きもの調査2014」
エントリー&調査結果受付
が始まりました!


title_ikimono_20140507111517040.jpg
http://www.wildlife.ne.jp/ikimono/

 2010年度から始めてまいりました「お庭の生きもの調査」は、北海道から沖縄まで1000名近い皆様のご参加をいただき、多くの成果を上げることができました。皆様のご協力には本当に感謝いたします。

 今年度も「第5回調査」として、5月~8月の期間に「お庭の生きもの調査」を実施いたします。趣旨にご賛同いただける方は、ぜひご参加をご検討くださいますよう、お願い申し上げます。

 ▽今回の調査も、内容や方法に変更はなく、生きも
  のの初心者の方も、ベテランの方も、自宅で楽し
  みながら生物多様性保全活動に参加することがで
  きる調査になっていますので、ぜひご参加くださ
  い。

 ▽昨年度までとおなじ、
  ・「はじめての生きもの調査」
  ・「お庭にやってくる野鳥の調査」
  ・「お庭の生きもの目録」
  ・「お庭の履歴書」 …の4つの調査を行います。

 ▽昨年までにご登録済みの方は、新たな登録、および
  「お庭の履歴書」への回答は不要です。これまでと
  同様の方法で、調査結果をご報告ください。

   ▼「お庭の生きもの調査事務局」
     ikimono@wildlife.ne.jp 
     http://www.wildlife.ne.jp/ikimono/
   ・・・までお問い合わせください。

2014年度 「実習生」 募集案内

2014年度「実習生」募集案内

生態計画グループでは、全国4ヶ所、都内5ヶ所の自然系環境教育施設へ、職員を常駐・派遣し、年間50万人を超える利用者へプログラムを提供しています。この度、今後の業務の拡大に対応し、自然と共生する地域づくりを担う幅広い人材育成に資するため、実際の業務を通じたOJT形式で、年間を通して東京本社や柏崎・早川事業所等、各地の「現場」を体験していただき、「実践力」を養成する「実習生」制度を始めることとなりました。
(実習期間終了後、双方の希望と能力に応じて職員への採用あり)

詳細は生態計画研究所WEBサイトTOPページより、PDF書類をダウンロードの上、ご確認ください。
http://www.eco-plan.jp/

サンフランシスコ&ヨセミテ生態旅遊

『サンフランシスコ&ヨセミテ 生態旅遊』

●旅行期間:2014年3月7日(金)~13日(木)5泊7日/延泊可
●旅行代金:198,000円 10名限定/1月10日〆切


01_20131211171006440.jpg
※案内チラシPDF(550KB)


<主要な視察先の概要>
●残された巨木の森を散策
 ・ミュア・ウッズ国定記念物:樹齢1200年を越えるレッドウッドの原生林。ミュージアム等も整備。

●生物多様性を科学的に体験
 ・ネイチャーブリッジ:太平洋とラグーンの自然をフィールドに、宿泊型の環境教育プログラムを展開する、州内に3ヶ所の施設を持つ老舗の民間研究機関。日本人スタッフ2名が活躍している。

●広大な湿地の野生生物保護区とVC
 ・サンフランシスコ・ベイ国立野生生物保護区&環境教育センター:サンフランシスコ湾の南部に広がる塩田を、広大な湿地に復元中の保護区。ビジターセンターや自然解説トレイル、環境教育センターを視察

●こどもミュージアムを体験
 ・ベイエリア・ディスカバリー・ミュージアムNPOが運営する10歳までのこどもミュージアム。プログラムや施設と共に、日曜日の利用状況も体験。

●早春のヨセミテを満喫
 ・ヨセミテ国立公園/ヨセミテロッジ泊(予定) 氷河が削った断崖に、雪解け水が滝となって音をたて、早朝の草原に、活動を始めた生きものの姿。ロッジに1泊して、静かなヨセミテを満喫・・・

03_201312111710059c0.jpg


<旅行日程(予定)>
▼3月7日(金)成田(午後)――(午前)サンフランシスコ着 専用車にて――ミュア・ウッズ国定記念物ネイチャーブリッジ視察 フィッシャーマンズワーフ散策 ザ・パウエルホテル泊

▼8日(土)専用車にて サンフランシスコ・ベイ国立野生生物保護区 環境教育センター視察 同 湿地再生PJ視察、トワイライト・ウォーク体験

▼9日(日)ベイエリア・ディスカバリー・ミュージアム視察 午後フリータイム カリフォルニア科学アカデミー&ゴールデン・ゲート・パークなどを自由に見学

▼10日(月)専用車にて ヨセミテ国立公園へ 午後VC・ミュージアム等視察 ヨセミテロッジ泊
▼11日(火)午前 プログラム体験  午後 専用車にてサンフランシスコへ
▼12日(水) サンフランシスコ発(午前)――日付変更線――13日(木)(午後)成田着  解散

02_201312111710040ae.jpg


●一人部屋追加代金 \30,000- ●燃油サーチャージ・空港諸税を含む、食費別途
●ツアーリーダー 小河原孝生 (生態計画研究所 所長/生態教育センター 理事長)
●全行程のグループ行動中は禁煙です

※案内チラシPDF(550KB)

★お申し込み・お問い合わせは
 ●旅行企画:NPO法人生態教育センター
       〒189-0013 東京都東村山市栄町2-28-5 小河原ビル3F
       Tel.042-390-0032 Eメール:info@wildlife.ne.jp

 ●旅行取り扱い:メープル・ツアーズ
         Tel.03-6303-1357 

「エコプロダクツ2013」に出展します!

NPO法人 生態教育センターは、「エコプロダクツ2013」に出展参加いたします。

「エコプロダクツ2013」

日本最大級の環境展示会 エコプロダクツ2013

期間:12/12(木)、13(金)、14(土)
場所:東京ビッグサイト 東5ホール N-86ブース


http://eco-pro.com/eco2013/index.html
https://eco-pro.biz/exhibitor/info/EP/ja/485

当センターが関わる全国各地の自然体験施設の紹介、『お庭の生きもの調査』のご案内などを行います。ぜひお立ち寄りください!

「お庭の生きもの調査2013」受付開始!

本日5/1より、「お庭の生きもの調査2013」エントリー&調査結果受付開始です!

title_ikimono_20130501142622.jpg


http://www.wildlife.ne.jp/ikimono/

 2010年度から始めてまいりました「お庭の生きもの調査」は、北海道から沖縄まで1000名近い皆様のご参加をいただき、多くの成果を上げることができました。皆様のご協力には本当に感謝いたします。

 今年度も「第4回調査」として、5月~8月の期間に「お庭の生きもの調査」を実施いたします。趣旨にご賛同いただける方は、ぜひご参加をご検討くださいますよう、お願い申し上げます。

 ▽今回の調査も、内容や方法に変更はなく、生きも
  のの初心者の方も、ベテランの方も、自宅で楽し
  みながら生物多様性保全活動に参加することがで
  きる調査になっていますので、ぜひご参加くださ
  い。

 ▽昨年度までとおなじ、
  ・「はじめての生きもの調査」
  ・「お庭にやってくる野鳥の調査」
  ・「お庭の生きもの目録」
  ・「お庭の履歴書」 …の4つの調査を行います。

 ▽昨年までにご登録済みの方は、新たな登録、および
  「お庭の履歴書」への回答は不要です。これまでと
  同様の方法で、調査結果をご報告ください。

   ▼「お庭の生きもの調査事務局」
     ikimono@wildlife.ne.jp 
     http://www.wildlife.ne.jp/ikimono/
   ・・・までお問い合わせください。

Appendix

ブログ内検索

-公式メルマガ-
生態教育メールマ ガジ ン


● 登録フォーム●

● 解除フォーム●


メールアドレスを
入力して

ボタンを押すと

登録・解除できます。

メールマガジン[まぐまぐ!]
…から発行しています。








FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。