Latest Entries

施設の管理運営の新たな受託について

NPO法人 生態教育センターと協働している生態計画研究所では、2018年度より、以下の2施設の管理運営業務を新たに受託・担当いたします。

●東京都北区「みどりと環境の情報館(エコベルデ)」
●山梨県南アルプス市「エコパ伊奈ヶ湖」(2018.04.24 リニューアルオープン予定)

「エコプロダクツ2017」ありがとうございました

12/7-9に開催された、「エコプロダクツ2017」NPO/NGOブースに、NPO法人 生態教育センターとして出展させて頂きました。

ご関心を持っていただいた皆さま、ブースをお訪ね頂いた皆さま、誠にありがとうございました。

IMG_2375.jpg

2018年度 実習生募集案内

NPO法人 生態教育センターと協働している、(株)生態計画研究所では、「2018年度 実習生」を募集しています。
詳細は以下のページでご確認ください。

●「2018年度 実習生募集案内」 →詳細(PDF:約226KB)

2018年度 職員採用 案内

NPO法人 生態教育センターと協働している、(株)生態計画研究所では、「2018年度 職員採用」を募集しています。
詳細は以下のページでご確認ください。

●「2018年度 職員採用案内」   →詳細(PDF:約259KB)

研修生募集のお知らせ(研修地:山梨県早川町)

NPO法人 生態教育センターが事務局を行っている、山梨県早川町「三里地区振興協議会」では、平成29年度の研修生を募集しています。

以下のリンクのPDFの要項に従い、ぜひご応募ください。締切:2/28
http://www.eco-plan.jp/H29kensyu.pdf



山 梨 県 早 川 町  
食と農、野生生物をテーマに、地域で活躍したい人材募集!

●研修生受入団体名 「三里地区振興協議会」(山梨県早川町)

●主な活動内容
 農村サテライトショップ「おばあちゃんたちの店」(直売所、農村カフェ、
体験工房)の再生計画を軸に、地元の文化研究所、大学教授、地元のおばあ
ちゃんたち等を講師に招きながら、その運営や作物加工プログラム、食と農、
生物多様性、野生生物と共生できる農園の運営、NPO法人の立ち上げと事業化
等について、実働しながら学んでいただきます。

●活動・研修の内容
○食と農、生物多様性、野生生物と共生できる農村づくり…等のための
NPO法人の立ち上げと事業化のサポート。
○市民農園の計画・管理・運営、それに伴う農作業、獣害対策作業。
○農村サテライトショップ「おばあちゃんたちの店」(直売所、農村カフェ、
 体験工房)の再生、運営計画づくり、作物加工プログラム、試行的な運営に
 ともなう店頭販売、接客サービス …等のOJT研修。  ……等

●募集対象
○自然系専門学校・大学生卒業生、社会福祉・農業・自然体験活動等経験者、
 あるいはそれらの分野に興味を持っている方を優遇。
○人と進んで話し、地域に溶け込む気持ちのある方。
○早川町の自然や文化、山里の暮らしに興味を持ち、上記の活動を遂行する
 体力・能力のある方。

●自動車運転免許 ・必要(できればマニュアル車免許)
●性別/年齢    ・問わず
●PCスキル   ・中級(文書、グラフ作成)以上希望
●募集人数    ・1 名
●主な活動場所(研修地)山梨県早川町三里地区周辺
            (山梨県南巨摩郡早川町大原野 周辺)
●研修時間     8時30分 ~ 17時30分(8時間勤務)
         ※1時間の休憩あり
●休日      週休2日 不定休
●研修期間     平成29年4月1日 ~ 平成30年3月末日(12ヶ月)
●研修手当     月額 140,000円
●その他
・宿舎:男女別宿舎完備(月額5,000円+水道光熱費実費が必要)
・車をご自身で用意できる方。当地域の生活には車が必需です。
・活動状況により、将来的には「ヘルシー美里」を運営する
 (株)生態計画研究所、もしくは新NPO法人の正職員としての採用も可能。

●応募方法
 以下の書類を下記事務局まで、送付してください。
 締切:2017年 3月21日必着

(1)履歴書 市販の用紙で可
(2)職務経験、実績、経歴等の分かるもの
   ・内容:専門知識・技能・実務経験等の順番にできるだけ詳しく
    時系列にまとめてください。
   ・書式:A4版の用紙を縦に使用し、横書きで1~2枚以内に収めて
    ください。ワープロ使用可。
  ※提出書類は、返却いたしません。

●書類選考の後、面談に進んで頂く方には、会場、面接時間等をお知らせ
 します。※ 面接のための交通費等は支給できません。

■応募・お問い合わせ先
 三里地区振興協議会 東京事務局
 (NPO法人 生態教育センター内) 担当:古井亮太
 〒189-0013 東京都東村山市栄町2-28-5 小河原ビル3F 生態教育センター内
 TEL:042-390-0032 FAX:042-390-1237 furui@wildlife.ne.jp

※本事業は、農林水産省「都市農村共生・対流総合対策交付金」によって
 実施される人材活用対策事業です。

2017年度 職員採用・実習生募集 案内

NPO法人 生態教育センターと協働している、(株)生態計画研究所では、「2017年度 職員採用案内」、および「2017年度 実習生募集案内」を募集しています。
詳細は以下のページでご確認ください。

●「2017年度 職員採用案内」   →詳細(PDF:約149KB)

●「2017年度 実習生募集案内」 →詳細(PDF:約167KB)

研修生募集のお知らせ(研修地:山梨県早川町)

NPO法人 生態教育センターが事務局を行っている、山梨県早川町「三里地区振興協議会」では、今年度10~3月期の研修生を募集しています。

以下のリンクのPDFの要項に従い、ぜひご応募ください。締切:9/29。
http://www.eco-plan.jp/H28kensyu.pdf


山 梨 県 早 川 町  
食と農、野生生物をテーマに、地域で活躍したい人材募集!

●研修生受入団体名 「三里地区振興協議会」(山梨県早川町)

●主な活動内容
 農村サテライトショップ「おばあちゃんたちの店」(直売所、農村カフェ、体
験工房)の再生計画を軸に、地元の文化研究所、大学教授、地元のおばあちゃん
たち等を講師に招きながら、その運営や作物加工プログラム、食と農、生物多様
性、野生生物と共生できる農園のあり方等について、実働しながら学んでいただ
きます。

●活動・研修の内容
○食と農、生物多様性、野生生物と共生できる農村づくり…等のための計画・
 プログラムづくり。
○市民農園の計画・管理・運営、それに伴う農作業、獣害対策作業。
○農村サテライトショップ「おばあちゃんたちの店」(直売所、農村カフェ、体
 験工房)の再生、運営計画づくり、作物加工プログラム、試行的な運営にと
 もなう店頭販売、接客サービス …等のOJT研修。
○各種交付金事業(体験プログラム、学生ワークキャンプ、セミナー、農園モ
 ニターツアー、子ども食農体験等)の運営補助、実務スタッフ。 ……等

●募集対象
○自然系専門学校・大学生卒業生、社会福祉・農業・自然体験活動等経験者、
 あるいはそれらの分野に興味を持っている方を優遇。
○人と進んで話し、地域に溶け込む気持ちのある方。
○早川町の自然や文化、山里の暮らしに興味を持ち、上記の活動を遂行する
 体力・能力のある方。

●自動車運転免許 ・必要(できればマニュアル車免許)
●性別/年齢    ・問わず
●PCスキル   ・中級(文書、グラフ作成)以上希望

●募集人数    ・1 名
●主な活動場所(研修地) 山梨県早川町 三里地区周辺
●研修時間     8時30分 ~ 17時30分(8時間勤務)
         ※1時間の休憩あり
●休日      週休2日 不定休

●研修期間     平成28年10月1日 ~ 平成29年3月末日(6ヶ月)
         ※活動状況により、平成29年度に延長することも可能
●研修手当     月額 140,000円

●その他
 ・宿舎:月額5,000円+水道光熱費
 ・活動状況により、将来的には「ヘルシー美里」を運営する
  (株)生態計画研究所の正職員としての採用も可能。

●応募方法
 以下の書類を下記事務局まで、送付してください。
 締切:2016年9月29日必着

(1)履歴書 市販の用紙で可
(2)職務経験、実績、経歴等の分かるもの
   ・内容:専門知識・技能・実務経験等の順番にできるだけ詳しく
    時系列にまとめてください。
   ・書式:A4版の用紙を縦に使用し、横書きで1~2枚以内に収めて
    ください。ワープロ使用可。
  ※提出書類は、返却いたしません。

●書類選考の後、面談に進んで頂く方には、会場、面接時間等をお知らせ
 します。※ 面接のための交通費等は支給できません。

●締切:9/29 応募書類必着

■応募・お問い合わせ先
 三里地区振興協議会 東京事務局
 (NPO法人 生態教育センター内) 担当:古井亮太
 〒189-0013 東京都東村山市栄町2-28-5 小河原ビル3F 生態教育センター内
 TEL:042-390-0032 FAX:042-390-1237 furui@wildlife.ne.jp


※本事業は、農林水産省「都市農村共生・対流総合対策交付金」によって
 実施される人材活用対策事業です。

第5回サンフランシスコ&ヨセミテ体験研修

第5回
サンフランシスコ&ヨセミテ体験研修


●旅行期間:2016年3月8日(火)~14日(月)
       5泊7日/延泊可
●旅行代金:218,000円 学割198,000円
      (8名限定/1月5日〆切/先着順)

cisco.jpg

チラシダウンロード(PDF:約373KB) :http://www.eco-plan.jp/2016cisco.pdf



●生物多様性を科学的に体験
 ○ネイチャーブリッジ:太平洋とラグーンの自然をフィールドに、宿泊型の環境科学プログラムを展開する、州内に5ヶ所の施設を持つ老舗の民間研究機関。日本人スタッフの案内で、今回初めてフィールドサイエンス・プログラムを、2泊3日コースで体験。

●広大な湿地の野生生物保護区とVC
 ○サンフランシスコ・ベイ国立野生生物保護区&環境教育センター:サンフランシスコ湾の南部に広がる広大な塩田を、湿地に復元中の保護区。ビジターセンターや自然解説トレイル、塩性湿地の生きものをテーマとした環境教育センターのプログラムを体験。

●巨木の森のプログラムを体験
 ○ミュア・ウッズ国定記念物:樹齢1200年を越えるレッドウッドの原生林でプログラムを体験。

●こどもミュージアムを体験
 ○ベイエリア・ディスカバリー・ミュージアムNPOが運営する10歳までのこどもミュージアム。3歳児以下のトットスポットやアートラボ等の工房やプログラム、野外の施設・教材を視察します。

●早春のヨセミテを満喫
 ○ヨセミテ国立公園:インタープリテーションの本場ヨセミテで、大渓谷の自然とともに、解説のためのビジターセンターやミュージアム、トレイル・システムを視察します。


●旅行日程(予定)                   
 3月08日(火)羽田(22時集合)――8日(夕方)サンフランシスコ着 
   09日(水)午前、専用車にて――ミュア・ウッズ国定記念物にてプログラム体験
         午後~11日午前まで、ネイチャーブリッジ・ゴールデンゲート校にて
         プログラム体験
   11日(金)午後、専用車にて――ベイエリア・ディスカバリー・ミュージアム視察
   12日(土)専用車にてヨセミテ国立公園へ 渓谷の自然と野生生物、
         VC・ミュージアム視察 
   13日(日)専用車にて――サンフランシスコ・ベイ国立野生生物保護区 
         環境教育センター、湿地再生PJ、ビジターセンター視察  
   サンフランシスコ発(夜)――日付変更線――
   14日(月)(夜)羽田着  解散

●一人部屋追加代金 \30,000-
●燃油サーチャージ・空港諸税を含む、食費別途



★お申し込み・お問い合わせは
●旅行企画:NPO法人生態教育センター:Tel.042-390-0032
        〒189-0013 東京都東村山市栄町2-28-5 小河原ビル3F
●Eメール:info@wildlife.ne.jp
●旅行取り扱い:メープル・ツアーズ:Tel.03-6303-1357
●全行程のグループ行動中は禁煙です


2016年度 職員採用・実習生募集 案内

「2016年度 職員採用案内」、および「2016年度 実習生募集案内」を掲載しました。
詳細は以下のページでご確認ください。

●「2016年度 職員採用案内」   →詳細(PDF:約146KB)

●「2016年度 実習生募集案内」 →詳細(PDF:約151KB)

【参加費無料!】美里市民農園体験セミナー 参加者募集


美里市民農園体験セミナー
参加者募集


///// 参加費無料! //////
案内チラシPDFダウンロード(318KB)
農園イメージ04


遊休農地の未来を描く! この夏に実施された遊休農地の実態調査、食農体験のプログラム開発、直売所の運営試行、農園計画ワークショップ等の成果を元に、三里地区(中州エリア)遊休農地の未来を考えます。

■日程  :①1121(土)23(月)2泊3日
        定員50名、自然・食農体験、セミナー参加
   
       ②1122(日)23日(月)1泊2日
        定員50名、自然体験、セミナー参加
農園イメージ01


■体験プログラム:
  [  ① ] 自然観察、手づくり地域食体験、畑仕事①、町内探検 …等
  [  ②  ] 自然観察、畑仕事② …等
  [①②共通] 地産BBQ大会、交流会、早朝観察会、朝食、セミナー、昼食 …等

■集合場所:東京・品川区内もしくは新宿区内より専用バスで無料送迎 ※現地集合も可
■集合時間:品川7:30、新宿8:30(初日の昼食はご持参下さい)
■活動場所:南アルプス生態邑:山梨県早川町・ユネスコ・エコパーク
■宿泊施設:①町営温泉宿泊施設・校舎の宿「ヘルシー美里」・コテージ
          町営南アルプス邑野鳥公園・キャビン
        ②町営温泉宿泊施設・校舎の宿「ヘルシー美里」・本館
           (①②とも同性の方との相部屋になります)

■参加費 :無料(食費のみ実費を頂きます)
■解散場所:それぞれの集合場所
■解散時間:新宿17:00、品川18:00を予定
秋キャンプ

■申込み・問合せ
 校舎の宿・光源の里温泉「ヘルシー美里」
  http://www.hayakawa-eco.com/
  ○電 話: 0556-48-2621
  ○E-Mail: info@hayakawa-eco.com
  
■主催:三里地区振興協議会

※本事業は、農林水産省「都市農村共生・対流総合対策交付金」によって開催されるモニターツアーです。

Appendix

ブログ内検索

-公式メルマガ-
生態教育メールマ ガジ ン


● 登録フォーム●

● 解除フォーム●


メールアドレスを
入力して

ボタンを押すと

登録・解除できます。

メールマガジン[まぐまぐ!]
…から発行しています。








FC2カウンター